マットレスで快眠生活!おすすめのマットレスはどれ?

マットレスが変われば快眠になれる!

あなたはマットレスはなんでもいいと思っていませんか?
実はマットレス一つであなたの健康状態がガラッと変わるのです。

例えば、朝起きたときに背中や腰に違和感を感じていたり、痛かったりしませんか?
それはなぜかと言うと、睡眠中にそれだけの負荷がかかっているからです。

寝ているときは、無意識に身体に負荷がかかっていますが、無意識だけに人間はそれを感じることはできません。

しかし、人間の寝相というのは、私達の思っている以上に悪く、かなりの頻度で悪い姿勢を取って首や肩に負担をかけてしまいます。
そのため、起きると身体がバキバキになっていることがあり、それが溜まると腰痛や肩こりの原因になるのです。

理想は、首から腰にかけて背骨の状態がS字カーブを描くようになればいいのですが、寝ているときにそれを意識することは難しいです。
しかし、マットレスを使うことにより、例えば身体が深く沈み込んでいる場合はそれを補ってくれますし、身体に負担がかかるような姿勢であればその負担を軽減してくれます。

理想的な寝姿勢を保つためには、マットレスは欠かせないのです。
マットレスが変われば睡眠の質も向上し、今まで辛かった寝起きが凄く快適なものになります。

腰痛や肩こりに悩まされることはなくなるので、爽やかな朝を迎えることができるようになるでしょう。

あなたも普段から身体の調子が悪いと思っているのであれば、ぜひマットレスを使ってみることをおすすめします。

 

どんなマットレスがいいの?

 

では、マットレスを選ぶにあたり、どのようなマットレスがいいのでしょうか。
おすすめは、トゥルースリーパーのマットレスです。

トゥルースリーパーのマットレスは、人間が睡眠状態に入るまでをきっちりサポートしてくれますので、なかなか寝付けないことはありませんし、起きたときの気分も爽やかにしてくれます。

例えば、トゥルースリーパーのマットレスを使った人の中には、寝不足で日中ずっとイライラして子供や旦那に八つ当たりしている女性もいたのですが、トゥルースリーパーに替えた途端睡眠の質がよくなり、今ではイライラすることもなく、穏やかな気分でいられるそうです。

日常生活の中でのストレスはなかなか解消できませんが、睡眠の環境を替えることによって、気分はすっきり変えることができます。
トゥルースリーパーの使い心地は実際に使った人でないとわかりませんが、かなりのものなので、まだ使ったことがない人は一度使ってみるといいでしょう。

実はトゥルースリーパーのマットレスは、世界的アスリートが遠征先のホテルにまで持参するほど愛用されているのです。
睡眠が何よりも大切な彼らにとっては、マットレス選びは本当に死活問題です。

トゥルースリーパーが選ばれるということは、それだけ品質がいいということなのですね。

さらに、トゥルースリーパーのマットレスは一流ホテルでも使われており、各国のVIPもこぞって絶賛しているそうです。
多忙なビジネスマンや政治家をもうならせる、超一級品のトゥルースリーパーのマットレスをぜひあなたも使ってみてください。

 

マットレスの選び方は?

 

マットレスはトゥルースリーパーがいいとわかりましたが、そもそもマットレスを選ぶときは、どのようにして選べばいいのでしょうか。
理想のマットレスは、やはりあなたの身体にぴったりとフィットするマットレスになります。

だから、まずはショッピングモールや寝具店で実際に手で触って確かめてみるといいでしょう。
やはりネットだけの情報ではマットレスのことを知るのに限界があります。

自分の五感を使って確かめるのが一番ですね。
また、それが難しい場合は、ネットの口コミサイトを参考にするといいでしょう。

低反発マットレスか高反発マットレスかで悩む場合もありますが、もしもあなたが腰痛や肩こりで悩んでいるのであれば、ぜひ高反発マットレスを選ぶことをおすすめします。

なぜならば、高反発マットレスであれば、身体の圧力を分散してくれる効果があるからです。
腰痛や肩こりを解消するためには、身体を分圧させることが大事になります。

しかし、低反発マットレスだと、それがあまり期待できません。
高反発マットレスを使用すれば、身体にかかる圧力をうまく分散させることができるので、ぜひ試してみてください。

先ほど紹介したトゥルースリーパーは低反発マットレスの部類になりますが、高反発マットレスであれば、モットンや雲の安らぎがおすすめです。
どちらも世界中にファンがいるので、マットレス選びに悩んでいたら、まずはこれらのマットレスの情報を探してみるといいでしょう。

前述のとおり、マットレスが変われば睡眠の質が変わります。
健康はお金では買えませんので、ぜひ妥協せずにマットレスはしっかりと選ぶようにしてくださいね。

 

関連リンク:高反発マットレスのおすすめは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です